MENU

ズキラックの全成分から見た安全性や副作用、偏頭痛以外の嬉しいメリットなども紹介

ズキラックは主に、ズキズキくるような頭の痛みに悩む方に選ばれているサプリメントです。
そんなズキラックは薬ではなくサプリメントであるため、頭痛薬のような成分は使われておらず、天然成分を中心に配合されています。
このページでは、ズキラックの全成分の一覧をチェックし、それらの成分の安全性や、頭の痛み以外に期待できる効果効能など、さまざまな観点から深く見ていきたいと思います。

ズキラックの全成分

ズキラックの全成分は以下のようになっています↓

  • フィーバーフュー末
  • フランス海岸松樹皮エキス
  • 酸化マグネシウム
  • ビタミンB2
  • 大豆抽出物(イソフラボン含有)
  • チェストベリーエキス
  • ケイヒエキス末
  • シナモン末
  • 冬虫夏草菌糸体粉末
  • セルロース
  • 還元麦芽糖水飴
  • ステアリン酸
  • デキストリン

これらの成分が、頭痛薬とは別の視点から多くの方を悩ませる偏頭痛などの改善をサポートしてくれます。
これを飲めば必ず100%治るという保証があるものではありませんが、口コミを見る限り実際に多くの方が症状の改善、緩和効果を実感していることがわかります。

ズキラックに副作用はないのか

ズキラックのようなサプリメントは、基本的にお薬のような危険な成分を使って症状を改善するものでは無いため、副作用などは起こりにくいのですが、ズキラックの場合、副作用のような症状が発生する可能性は考えられると言われています。
それは、妊娠中の方や授乳中の方、または子宮のトラブルなどがある方などが該当すると言われています。

 

なお、先ほどもお伝えしたようにズキラックはサプリメントですので基本的に副作用の可能性は限りなく低いのですが、頭痛の症状を改善するために女性ホルモンに変化をもたらす成分も含まれていますので、そういった成分が特定の方に副作用もたらす可能性があると言われています。
公式ページにも記載されているのですが、これに関する内容についてはこちらのページでさらに詳しく特集されていますので、ズキラックの購入を検討しているけれども副作用などが心配。と言う方はこちらを参考にしてみると良いかもしれません
ズキラックの副作用の可能性がある方について

ズキラックの成分と頭痛の症状改善の関係

不意に訪れるズキズキ、ガンガンの症状は、原因は1つではなく、ホルモンバランスの乱れや、大気中の気圧の変化、血液やリンパなどの体の巡りなどが関係しているといわれています。
このページの前半部分でズキラックの全成分の一覧をご紹介しましたが、正直どの成分がどのように作用してくれるのか?という部分はよくわからないですよね。

 

簡単に言うならば、今お伝えしたようなホルモンバランスの乱れや気圧の変化、体の巡りなどが原因で発生する頭痛の症状を発生しにくい体の仕組みに改善してくれる効果が期待できるんです。
だからこそ、症状の改善には多少の時間がかかってしまうのですが、継続して摂取することで体に変化が現れ、だんだんと症状の緩和や頻度の減少といったような改善効果が期待できるんです。

女性特有の生理の不快な症状にも効果的

毎月訪れる、女性特有の生理の症状に悩まされている女性も少なくないと思います。
偏頭痛に悩まされたり生理周期に翻弄されたりと、女性は本当に大変ですよね。
ですが、ズキラックに含まれる大豆イソフラボンや、チェストベリーエキス等は、生理前のpms緩和専用のサプリメントの主成分にもなる成分で、更年期障害にも効果的と言われています。
こういった成分は、女性ホルモンのバランスに大きく影響が出るため妊娠中の方や授乳中の方はお控えください。といった記載がされているのですが、そうでない方の場合、不安定な女性ホルモンのバランスを整えて生理前や更年期による精神的・肉体的な不快な症状を改善する効果が期待できるので、偏頭痛と同時にそういった症状にお悩みの方にとってはまさに一石二鳥のアイテムとなります。

血液循環が良くなる効果も期待できる

ズキラックに含まれるシナモンの成分には、頭痛に対する鎮痛効果が期待できるというメリットがあるのですが、それと同時に血管を広げてくれる働きもあると言われています。
血管が拡張して広がると言う事は、その分血液が流れやすい状態になります。そのため体全体の健康にもつながりますし、血液の循環が良くなれば体の代謝も上がるので、冷え性の改善やダイエット効果も同時に期待できるかもしれません。

 

このように、ズキラックを継続することで偏頭痛に強い体作りをすることにつながるだけでなく、様々な健康効果やメリットが期待できることがわかります。