MENU

更年期の頭痛に悩む母(50代)はズキラックを飲んで症状が改善された

私の実母の話ですが、更年期に差し掛かってからしょっちゅう頭痛に悩むようになりました。私も頭痛もちなので、側で見ていて本当に辛そうでした。
調べたところによると、日本人の平均閉経年齢は50歳だと言われていますが、更年期障害を起こす平均年齢は45歳位から55歳位までと言われており、長い方では60歳を超えてもその症状が残る場合もあると言われています。その更年期の症状には偏頭痛も含まれており、ここで紹介するズキラックは、そういった症状にも効果的と言われています。
そんな更年期の母の偏頭痛が改善された話と、更年期の頭痛にズキラックが効果的な理由を特集していきます。

何年も頭痛に悩んでいた母がズキラックで症状が大きく緩和

そもそも私の母がズキラックを飲み始めたきっかけは、もともと私も偏頭痛に悩んでおり、その改善のためにズキラックを飲んでいたことがきっかけでした。
更年期に差し掛かってから頻繁に訪れる偏頭痛に悩んでいた母は、ズキラックを飲んで症状が改善された私を見て、自分もズキラックを飲みたいと言うことで親子でズキラックを飲み始めました。
母は、2ヶ月目あたりから偏頭痛の頻度が減ったことと、頭痛の痛みが緩和されたことを実感していました。
それから今は継続して半年が過ぎていますが、少し前まであれだけ悩んでいた偏頭痛も、今では親子ともに大幅に軽減され、ほとんど悩む事なくなりました。

更年期による偏頭痛の原因

これには、年齢とともに女性ホルモンが減少してしまうことが関係していました。女性の体は30歳を過ぎると、体の衰えとともに女性ホルモンのエストロゲンの分泌量も減ってくると言われています。
ちなみにこのエストロゲンと言うホルモンは、生理前に分泌量が減少し、心と体に不快な症状もたらす影響力のでかい存在です。
そのエストロゲンの分泌量が総合的に減ってしまうため、40を過ぎたあたりの更年期から、更年期障害と言われる心と体の様々な辛い症状に悩まされてしまいます。
その症状の中に更年期の偏頭痛も含まれているんです。
つまり、更年期の偏頭痛には、女性ホルモンのバランスが大きく影響していると考えられます。

なぜズキラックで更年期の頭痛が改善されるのか

では、なぜズキラックを飲むことで更年期の頭痛も改善されるのか。と言う部分ですが、ですがズキラックには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つ大豆イソフラボンが豊富に含まれていることと、更年期の辛い症状に効果的と言われているチェストベリーが主成分の中に含まれています。
つまり、ズキラックを継続することで更年期の偏頭痛の原因に対してナチュラルなアプローチが行えると言うことです。
他にも様々な自然由来の有効成分がありますが、そういった成分がストレスや気圧の変化による偏頭痛にも強い身体作りをサポートしてくれるようです。

私と母が薬ではなくズキラックを飲む理由

ズキラックはお薬では無い為、効果の実感に多少の時間がかかってしまうのは唯一の難点ですが、薬を使わずに自然由来の成分でだんだんと体の調子を整えて改善していくことができるので、体に負担をかけずに根本的な偏頭痛の対策ができるんです。
薬で頭痛を対処するにしても、結局は目先の対策になってしまい薬が切れればまた元通りです。そういったものにお金をかけるのであれば、ほんの少しコストが高くなってしまっても、自然成分でナチュラルに頭痛の症状を改善できるズキラックを選びたい。と言う方が最近増えているようです。
もちろん、薬には頭痛に対する即効性があると言う魅力がありますが、長期間継続してしまうと人体に外が及んでしまう危険があるので、体の事を考えるとズキラックの方が良いのではないかと個人的には思っています。
以前まで私も薬で頭痛を対象していましたが、ズキラックの自然由来の力で体に害なく症状改善できると言うところに魅力を感じ、今でもズキラックを愛用しています。